地元の劇団のお芝居観に行ってきた♪

今日はお芝居を観に行ってきた。

地元の小さい劇団なんだけど(団員10人くらい)、

若い世代が中心になってて、

日常の何気ないシーンを切り取って舞台にする感じで

とっても観やすかった^^

『演劇』って普段はちょっと敷居高い感じするよね。

学校の演劇部とかと全然雰囲気違うし、

チケットは高いし大人の趣味ってイメージ。

でも今回観た劇は、チケット代もすごく良心的で

親子連れも来てたし中学生っぽい子たちも何人かいた。

会場も決して広いスペースではなっかたけど、でもなんかイイね♪

本来「お芝居」ってこうあるべきかも…とか考えちゃったよ。

劇団四季とか宝塚も、華やかで迫力あって確かにいいんだけどさ!

そうそう観に行けるもんじゃないもんね(^^;

私はこういうとっつきやすい劇のほうが好きかなぁ。

小学校で年2回くらいあった演劇鑑賞会を思い出しちゃった。お芝居とかミュージカルに出てる役者さんたちってキラキラしてていいなぁって思う。なんか人生楽しそうでw

生きがいっていうか、やりがいのあることが1つでもあるって羨ましいよね。

これからは観劇を趣味にしてみようかな☆

友だちや家族も誘ってみたいけど、「ねえ、お芝居観に行こうよ」ってなんとなく誘いにくいと思うのは私だけか?(;´Д`)

べつにお芝居そのものがダメなわけじゃなくて、

やっぱり好き嫌いがわかれるというか、全く興味ない人もいるというか…。

演劇ってちょっとクセがあるよね。ハマれば中毒性があると思う。

「趣味は演劇鑑賞です♪」って、ちょっとおしゃれじゃない?^^